“組み込み力”向上! ETEC対策ドリル Step2(1)
【問題1】タスク間の同期と通信
今回の演習―【問題1】
問題1
次のうち、タスク間の同期や通信に用いるオブジェクトの記述として、正しいものはどれか?
ア.セマフォは、資源の獲得や返却によりタスク間通信を行うオブジェクトである。
イ.メッセージバッファは、任意サイズのデータ領域を指すポインタをやりとりして、タスク間通信を行うオブジェクトである。
ウ.イベントフラグは、イベントの有無を表すビットパターンの設定により、タスク間で同期を取るオブジェクトである。
エ.メールボックスは、カーネルが管理するメモリ領域にデータをコピーして、タスク間で同期を取るオブジェクトである。
【問題1】の補足
続きはここをクリック

Print Friendly, PDF & Email
【ETEC】連載記事「“組み込み力”向上! ETEC対策ドリルStep2(1)」