Android技術者認定試験「ACE」ドリル(2):
Androidのユーザーインタフェース【前編】 ~アプリ開発の第一歩~ (1/2)
Android技術者認定試験制度「ACE」の対策問題を解きながら、Androidアプリ開発の基礎を養おう! 今回はAndroidのユーザーインタフェース、「メニュー」と「ダイアログ」についてだ。
[奥 崇(elan),@IT MONOist]
 前回は、Androidの“総論”に当たる「システムアーキテクチャ」を取り上げました。連載第2回の今回は、Androidの“各論”に入っていきます。
 この各論の中で、Androidの「アプリケーションフレームワーク」の基礎的知識を一通り理解し、Androidでアプリケーションを作成するための“大前提”を習得しましょう。アプリケーションフレームワークの中身を知ることが、Androidアプリケーションを作成する上での第一歩となります! まずは今回から複数回に分けて、“Androidのユーザーインタフェース(UI)”を学んでいきます。
 ご存じの通り、スマートフォンのアプリケーションは、そのほとんどがUIを持っています。また、一般的に電化製品などの組み込み機器や企業向けWebアプリケーションに比べ、スマートフォンの場合は“洗練されたUI”が求められる傾向にあります。こうしたニーズに応えるために、われわれ開発者はAndroidのUI機能を十分に理解しておく必要があります。
 といわけで今回は、Androidのアプリケーションで多様されるUI「メニュー」と「ダイアログ」について取り上げます。それでは、早速演習に入りましょう!
あとはこちら!

Print Friendly, PDF & Email
【Android】連載記事:Androidのユーザーインタフェース【前編】 ~アプリ開発の第一歩~