【緊急開催】経営革新&人材育成セミナーシリーズ

『成功事例で学ぶ!「ものづくり補助金」等助成金活用セミナー』IoT&クラウド経費が新たに追加!ものづくり補助金を活用した「IoTデバイスシステム開発(仮題)」、「クラウドサーバシステム構築(仮題)」等が開発可能に!

平成27年度補正予算案(平成27年度実施) ものづくり・商業・サービス革新補助金が予算案として計上されました。予算額も1,020億円が計上されています。

過去の申請についてはどのくらいの企業が採択されているのでしょうか?

2013年 23,971社
2014年 36,917社
2015年 30,478社

直近3年の「ものづくり補助金」で採択された(補助金が出た)事業者の数です。
相当の事業者が最低1,000万から3,000万程度の開発案件を行ったことになります。

本セミナーでは申請の具体的なポイントを中心に解説致します。

特に以下のかたのご参加をお待ちしています。
〇ものづくり補助金について知りたい
〇補助金申請のポイントを知りたい
〇企画はあるけど開発スタッフがいない

【ポイント】
・システム開発でもOK? 上限額1000万円の補助金が支給される!
・ものづくり補助金公募に向けて申請ポイントを伝授!
・これなら出来る!採択されるテーマの作成方法!

<セミナー概要>

(1)概要

IT企業の視点から以下について、助成対象、助成限度額、公募時期、難易度他について解説します。

① 東京都(東京都中小企業振興公社)に係る助成金

・新製品・新技術開発助成事業

・東京都地域中小企業応援ファンド助成事業

・ものづくり企業グループ高度化支援助成事業

・次世代イノベーション創出プロジェクト助成事業

② 中小企業基盤整備機構に係る助成金

・ものづくり・商業・サービス業革新補助金(もの補助)

・商業・サービス競争力強化連携支援事業

(2)申請支援

申請テーマの市場性、事業性、経営の視点から解説します。

・テーマに関する評価

・事業計画(利益計画、資金計画)に関する評価

・その他

(3)質疑応答及び個別相談他

日時:平成28年2月10日(水) 13:30-15:00(受付13:00)

講師:
長屋 勝彦
中小企業診断士、株式会社クレハ、茨城県中小企業振興公社販路開拓エキスパート、
中小企業基盤整備機構中小企業/ベンチャー企業新規事業開拓チーフアドバイザーを経て、
現在経営コンサルタント、研修講師の傍ら、関東経済産業局経営革新等認定機関、
東京商工会議所事業再生専門家等として新製品開発、新規創業、
事業再生等中小企業支援事業に従事

対象:
ものづくり補助金等補助金・助成金について興味のある中小企業の経営幹部
新規事業を実施・検討中の企業・個人事業主
新規事業やアイデアをお持ちで開発着手を検討中の企業

場所:サートプロ代々木研修センター
www.certpro.jp/company/map.html

席数:20名限定(先着順)

参加費:無料

申込み: 下記の登録フォームより登録ください。
goo.gl/forms/zz3SDvE4OI

※自動リマインダーメールをお送り致しますのでご確認ください。
※メールが届かない場合、またご質問については下記事務局までご連絡ください。

申込み締切:2016年2月5日(金)17:00

―――――
<参考>
ものづくり補助金とは、
【ものづくり、商業・サービス革新補助金】
管 轄:経済産業省(中小企業庁)
対象者:日本国内に本社及び開発拠点を現に有する中小企業者
事 業:1.革新的サービス  「一般型」「コンパクト型」
上限額:1.「一般型」1000万円 (設備投資が必要)
「コンパクト型」700万円(設備投資は不可)
助成率:2/3以内

参考URL:
平成27年度補正予算事業「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」の事前予告
www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/2016/160108mono.htm

―――――
※ご不明点やご質問は、下記連絡先までお願いいたします。

株式会社サートプロ セミナー事務局
お電話でのお問合せ : 03-6276-1168(9:15~18:00/土日祝日を除く)
メールでのお問合せ : info@certpro.jp
WEBページ:www.certpro.jp

Print Friendly, PDF & Email
【緊急開催】(2016年2月10日)『成功事例で学ぶ!「ものづくり補助金」等助成金活用セミナー』:IoT&クラウド経費が新たに追加!

Tagged on: