“組み込み力”向上! ETEC対策ドリル(6)
【問題6】 高速化技術「パイプライン制御」について
近森 満 株式会社サートプロ 代表取締役社長/JASA ETEC運営事務局 2010/2/1
本連載では、社団法人 組込みシステム技術協会(JASA)の組込み技術者試験制度「ETEC」のエントリレベルを測定する“クラス2試験”を対象に、演習問題を解きながら組み込み開発の基礎知識を学んでいきます。組み込み力の向上にお役立てください!(編集部)
– PR –
【問題5】の解答
 前回の宿題【問題5】は、ページング方式の「仮想記憶」に関する問題でした。
 仮想記憶は、MPUが実際に搭載したメモリより見かけ上大きな空間を利用できるようにするための仕組みです。
 今回も問題の解答に続いて、仮想記憶の仕組みについて解説します。この機会にしっかりと理解しておきましょう。
 それでは、解答を発表します

Print Friendly, PDF & Email
【ETEC】連載記事「“組み込み力”向上! ETEC対策ドリル」(6)